働き方改革とは

2017年に安倍内閣時に制定された法案が背景にございます。

 

☑抜粋

1.時間外労働の上限規制の導入

2.長時間労働抑制策・年次有給休暇取得の一部義務化

3.フレックスタイム制の見直し

4.企画型裁量労働制の対象業務の追加

5.高度プロフェッショナル制度の創設

6.勤務間インターバル制度の普及促進(労働時間等の設定の改善に関する特別措置法改正)

7.産業医・産業保健機能の強化(労働安全衛生法・じん肺法改正)

8.不合理な待遇差を解消するための規定(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)・労働契約法改正)

9.派遣先との均等・均衡待遇方式か労使協定方式かを選択(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(労働者派遣法)の改正)

10.労働者に対する待遇に関する説明義務の強化

11.行政による履行確保措置と裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備

 

以上となりますが、各項目が羅列してあるだけで、具体的な進め方がなく、期待される効果や目標もないに等しいものとなっております。背景には、業態・文化など、企業様毎に異なるからといえます。

 

業務改革について

働き方改革を支え、且つビジネスでの利益をもたらす重要な取り組みとなります。ヨーロッパなどでは、BPR(Business Process Re-engineering)とも言いますが、社内処理の改革を示すものです。

 

企業様では、社内ビジネスプロセスとして、分野としては、物流・工場・調達/購買・営業事務・経理・人事等になるかと思います。

 

もちろん、企業様毎に業態も含めて違います。

 

その中で、情報(データ)を入力し伝えるのに、多くの人手をかけているのが実情です。

 

 

・システム(IT)

・プロセス

・オペレーション

 

が、コンプライアンスを土台に成り立っております。

 

これらを総合的に可視化を行って、メスを入れることが、多くの結果をもたらすことになります。

 




copyright© 凛明京. All In One HP all rights reserved.