数値目標

例えば、40%のコストダウン、20%ビジネスプロセスのスピードアップ等目標を掲げます。

 

見える化で解析を行った結果から、目標に対応できる改善個所を特定します。

 

もちろん、一回での改善は難しいので、何回かに分けて対応を行います。

フェージングアプローチとなりますが、PDCAを何回かに分けて行うイメージでしょうか。

 

この目標に及び達成するための計画について、ステークホルダーズの承認を得る事になります。

 

この作業は、PMOが担います。

 

 

計画

時系列に、掛かる費用・人件費等算出し、Projectが生み出す効果と対比させます。

 

フェージングアプローチにより、各フェーズでの人・物等概算で算出します。

 

それらのデータを基に、取り掛かるべき項目の優先順位を付けます。

 

優先順位により、目標達成に向けた実行計画を作成し、ステークホルダーに説明及び承認を得ます。

 




copyright© 凛明京. All In One HP all rights reserved.